カテゴリー: 3 マンション投資のリスク

地震のリスク

地震のリスク
地震のリスク

地震のリスク

~地震大国日本のマンション~

地震保険は任意で加入できます。火災保険だと補償されない地震に起因する火災等も補償します。/2000年(平成12年)耐震基準の歴史の中でも一番大きな転換期は、1981年の新耐震設計法の制定です。この法律が制定される以前の基準を『旧耐震』、法律制定後の基準 を『新耐震』と

原状回復リスク

従来よりもオーナーの負担が増加

原状回復リスク












原状回復リスク

原状回復リスク

~入居者の負担?それともオーナーの負担?~

入居者が退去した後は、次の入居者のためにお部屋のクリーニングやリフォームを行う必要があります。これを「原状回復」といいます。従来は入居者か ら預かった敷金を使ってまかない、余ったら返金し、足りなければ支払ってもらうといった方法が一般的でしたが、年々トラブルが

設備故障リスク

設備故障リスク












設備故障リスク

設備故障リスク

~不動産の長期運用にはどうしても付き物?~

設備・備品の故障はオーナーの負担

不動産の長い運用の中で、お部屋の中の設備や備品が故障するといったことはどうしても避けられないことです。中でも「エアコン」や「給湯器」、「ガ スコンロ」といった備品は新築時や交換から10年前後もすれば故障する可能性は決して低くはないといえます。設備や備品の修理

金利上昇リスク

金利上昇リスク












金利上昇リスク

金利上昇リスク

~過去の流れから見えてくること~

世の中の景気に合わせて株価・金利は動きます。それに合わせて公示地価の動きも似ていることがわかります。日経平均株価・金利が上昇すると遅れをとりながらも土地の価格も同じ動きを見せています。バブル期は株価や金利の上昇につられるように不動産の価格も上昇し、バブル崩

マンションの老朽化

マンションの老朽化












マンションの老朽化

マンションの老朽化

~マンションの寿命は何年?~

 

鉄筋コンクリート造のマンションの劣化の原因として外壁に発生したひび割れから侵入する、◇二酸化炭素によるコンクリートの中性化◇雨水による鉄筋の腐食これらがマンションの劣化の主な原因として挙げられます。専門家によると、近年に建てられた鉄筋コンクリート造マンションの柱や壁の鉄筋を覆うコンクリートの 厚みは3cmを超えるものが殆どであり、この厚みこそがマンションの寿命の根拠となります。

家賃滞納リスク

家賃滞納リスク












家賃滞納リスク

家賃滞納リスク

~入居者はいても家賃が支払われなかったら・・・~

 

せっかく入居者がいても、家賃を支払ってくれないとすればマンション経営の根本が成立しなくなってしまいます。そのような心配については賃貸管理会社が提供する「集金代行サービス」を利用します。そのサービスに「滞納保証」がついていれば、万一、家賃が支払われなかった場合でも賃貸管理会社が代わりに家賃を支払ってくれます。

ツールバーへスキップ ログアウト